南中ソーラン 振り付け【全体通し】 “極め組流” soran-bushi

  • 2023.01.11
  • YYC
南中ソーラン 振り付け【全体通し】 “極め組流” soran-bushi

南中ソーラン 振り付け【全体通し】 “極め組流” soran-bushi

この動画は、極め組 東京が踊っている(2015.1月現在) 南中ソーランの振り付けです。
【全体通し】

ソーラン節を唄っている伊藤多喜雄さん、稚内南中学校 郷土芸能部 “学び座” と、日本舞踊の春日壽升さんに敬意を示しつつ、感謝の気持ちを持って、恩返しのつもりで踊っています。

平成24年度から、小中学校でも必修科目となったダンス。
体育の授業でソーラン節を取り入れたり、体育祭や文化祭など学校行事で踊る学校も少なくないと思います。

南中ソーランは、振り付けを覚えてただ踊ればいいというものではありません。
ご存知の通り「そーらん節」は、かつて北海道の開拓を支えたニシン漁の作業唄が基になっています。
北の厳しい暮らしから生まれた表現です。

まだまだ歴史の浅い北海道ではありますが、踊れば踊るほど、学べば学ぶほど、奥が深いソーラン節です。

そんな北海道の民謡で郷土芸能でもある「そーらん節」と、日本全国で踊られていると言っても過言ではない「南中ソーラン」を、日本の文化として、薄めるのではなく、伝えて広めていきたいと考えています。

※注
稚内南中学校とは直接的な関係はありません。
平成5年の学び座に憧れて、好きで勝手に踊っているだけです。

丸山雄大 Twitter

丸山雄大 Instagram

丸山雄大 facebook

極め組 東京 Twitter

極め組 (札幌) Official HP

YYCカテゴリの最新記事